• 火災保険で雨漏りは修理できます

    多くの方は家を購入すると火災保険に加入します。

    火災保険は火事だけでなく幅広い補償がついているので保険証券や保険会社のホームページで確認してみるとよいでしょう。

    風災という火災保険の補償で修理ができます。台風の強風などが原因で屋根が破損して雨漏りが生じた時には火災保険で修理をする事ができます。


    雨漏りの被害にあった日から3年以内なら保険で修理ができます。

    無期限ではないので早めに調査を依頼する事が大切です。

    自動車保険と異なり保険を使用してもペナルティーがないので被害にあったら保険を利用して修理をするとよいでしょう。

    毎日新聞に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

    経年劣化の場合は補償対象外なので修理はできませんから要注意です。


    雨漏りが経年劣化によるものかどうかは保険会社や修理業者の判断ではなく第三者機構が行います。



    日本損害保険協会の鑑定人資格を持っている鑑定人が調査をしてその結果を保険会社に提出します。

    今、話題の便利なマンション雨漏りの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

    保険会社はその報告書に基づき保険種類や補償内容を調べて保険金額の決済を決めます。
    雨漏りの修理費用は一定額以上でないと保険金がでないような条件になっています。


    多くの保険会社では20万円以上の条件ですが多くの場合修理代が20万円未満ということがないので支払い対象となる場合が多いです。
    わずかな痛みでも火災保険で修復することが可能なものは調査を依頼して調べてもらう事がおすすめです。

    屋根の破損は雨漏りしていなくても急速に進みますから早めに修理を依頼した方がよいでしょう。