• 雨漏り被害と火災保険の関係

    集中豪雨や短時間で局地的に大雨が降るゲリラ豪雨などが多くなってきている日本においては、雨漏りは比較的、発生する可能性が高い被害だと言うことができます。



    雨漏りの被害をそのままにしておくと住宅そのものの劣化につながったり、電化製品の故障、場合によってはそこからの火災につながる恐れもあるので早めに修理をすることが必要です。
    そして意外に思われる方も多いかもしれませんが、その修理には火災保険を適用させることができる場合もあります。

    火災保険は文字通り、火災による損失を補償するのが目的の保険ですが、実は風災、水害と言った自然災害に対してもその補償範囲内に含まれていることがあります。

    雨漏り保険の知りたかった情報がきっと見つかります。

    ただしこれは全ての火災保険に言えることではなく、自身が加入している保険によって異なるので、その辺りは事前にチェックしておくことが求められます。

    もし補償範囲内であった場合、雨漏り被害は水害ではなく風災の対象となります。

    47NEWS情報は必ず役に立ちます。

    どうして風災扱いになるのかと言うと、雨漏りの原因を考えた時に屋根や外壁が突風や強風、台風などによって飛ばされたりしてしまったためにこれが発生することが多いためです。


    ですから建物の老朽化によってこれが発生したと言う場合には、補償の対象とならないことがあります。
    もともと屋根瓦が歪んでいたり、外壁の塗装が剥がれていたりした場合は、たとえ風の影響がなくても雨漏りの被害が発生していた可能性が高いと判断されるためです。
    同様に施工不良の場合にも、補償は適用されません。